So-net無料ブログ作成
検索選択

TVゲームがしたくて高校中退した少年が。 [アンチ・ゲーム脳]

TVゲームがしたくて高校中退した少年、数千万円稼ぐゲーマーに=米フロリダ州
【ライブドア・ニュース 10月11日】- AP通信によると、テレビゲームをする時間がもっとほしいと言い出して高校を中退した少年が、ゲームの道を極め、すぐにお金持ちになった、と米フロリダ州で話題になっている。
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2557621/detail


またずいぶんと思い切ったことを'`,、( ´∀`) '`,、

どこぞの国のゲームのし過ぎで死ぬ馬鹿とは、えらい違いだ'`,、( ´∀`) '`,、

しかも、ゲームに費やす時間を増やすため、仕事を辞めてゲームのし過ぎで死ぬ馬鹿と、
ゲームがしたくて高校中退して、アメリカンドリームをつかむという、まさに天地の差。

テイラー君はほかにも、テレビゲーム商品の推奨やテレビゲームの個人指導などでお金を稼いでいるといい、稼ぎは、「six figures(6ケタの数字=数十万ドル)」規模になるという。テイラー君は、2002年に創設されたテレビゲーム・リーグのメジャー・リーグ・ゲーミングに所属している約100人のプロゲーマーの1人でもある。


ゲームの先に何を見据えてるのか、ってところが違ったのかもしれんな。
ゲームをやるためだけの自堕落さではなかったってことだ。

テイラー君は、地元紙パーム・ビーチ・ポストに、「リスクを負って思い切ってやってみたのさ」と語り、「お金を稼ぐには、リスクを負わなければならない。ぼくは、限度以上の大きなリスクを負って、テレビゲームをするために学校を中退し、そして報われたのさ」と人生の大決断を振り返った。


ゲームのプロってのが認められている土壌があった、ってのは否めないけれども、
ゲームが悪いというわけではないという証左の1つではあるな。

やっぱりゲームとのつきあい方の問題なんであって、
「ゲーム脳」なんて言葉でばっさり切って捨てられるようなものではないってことだ。


追記(2006/10/16):
TB先より。

ライブドアニュースの岩城伸也というこの記者は、six figuresを、"=数十万ドル"としています。まったくもって、誤りです。six figuresは、10万ドル以上を指す単語であり、"=数十万ドル"ではありません。

「TVゲームがしたくて高校中退した少年、"数千万円稼ぐ"ゲーマーに=米フロリダ州」ご覧のように、岩城伸也は、この単純な誤りを、そのまま表題に持ち込んでいます。
http://sinseihikikomori.bblog.jp/entry/332296/


また釣られちゃったかなぁーヽ(´Д`)ノ

まぁ、真偽は読む人に任せてるとはいえな。
原文も併記しておく必要あるよなぁ。

とはいえ、プロゲーマーとしての能力の高さで稼いでることには違いないので、
翻訳者の誤訳・妄想訳は無視しても、
ゲームとのつきあい方の問題という部分は揺るがないけどな。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

かない

個性に対する価値観、尊敬の念が違う。ま、民主主義の初歩が違うのね。
by かない (2006-10-13 09:14) 

チェシャ猫(>_<)。

リスク・リターンの考えも定着してるのが
大きいのかもしれませんな。
by チェシャ猫(>_<)。 (2006-10-13 10:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。